ようこそあったかい道の受入施設

何か寂しい気分です。

今私がいる場所は札幌市西区の住宅街のはじっこ。森と川に囲まれた閑静な場所。

今週から「ようこそあったかい道」が原発避難者や震災被災者の受け入れ場所として借りた施設。

昨日からモニターとして夏休みに札幌市内某団地で過ごされている20名程度を迎え入れて

みんなで宿泊し、みんなでご飯食べて、みんなで騒いで、今みんな帰ったところ。。。

広い施設たった一人で川と蝉の音を聞きながらの投稿です。

今回一緒に宿泊した方々は福島から短期で来られた方ばかり、数日後に福島に戻る子供達も多いので

皆が帰って寂しい気持ちと、今後の複雑な気持ちが久々にブログを投稿する気分にさせている。

実はちょろっと涙流してるかもね。

この施設は1年間有償で借りました。

短期避難、長期避難の方が準備をする為、既に避難されている方々のコミュニティスペース、

色々な使い方を考え、義捐金が集まらなかったら、気合入れて仕事して支払いをしようと思って借りました。

この施設の存在が世に出て、少しでも今困っている人の希望になれば、北海道人冥利につきます。

リフォーム後のとってもきれいな施設で、

元々保養所だったので食堂や共同の洗濯場所、

大きなお風呂等が完備されています。

この施設の詳細はまた別の機会にもっと詳しくお書きしますね。

この夏短期の企画も急遽作りましたので、皆さんで情報を拡散していただけると

福島やその近隣の地域の悩んでいる方に伝わると思いますのでご協力お願いいたします。

ようこそあったかい道夏休みプロジェクト http://attakaido.com/blog/

この施設の管理のお手伝いや、お食事の提供等、マンパワーも超不足してますので

お手伝いいただける方は、是非「ようこそあったかい道」にご登録いただけると幸いです。

追記:この活動を支える為の活動費が不足しております。

どうぞ、私たちの活動の主旨をご理解下さった上で、何とぞ、ご支援の程をよろしくお願いいたします。

北洋銀行 白石本郷支店  普通口座0767648
名義:ようこそあったかい道実行委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*