ゼロハリバートン

ここ数日ブログをアップ出来なかった理由は、仕事が忙しかったではなく重大なトラブルがあったからです。

重大なトラブルと言っても社内で騒いでるのは私だけです。

先日1年間当社でアルバイトしていて、今月から社員になった1最年少社員(19歳)をお祝いと訓示を兼ねて、食事に連れて行ったときに、私の常に持ち歩いている便利屋源さんには欠かせないアイテムの一つゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON)に異変がおきた。

解体業者もびっくりの丈夫なアタッシュ

その日は珍しく大金を持ち歩いていたので、ダイヤルキーをロックしたのですが、なんと開かなくなってしまったのです!

中には便利屋常備の最小装備と、経営者必衰グッツが!!

特に困ったのは、ノートパソコンと急いで見積書を作らなかればいけない手稲区前田の解体現場でのデータが入ったデジカメ、そして現金、通帳各種!

その日は、どれだけトライしても鍵を開ける事ができなかったので、翌朝速く起きて再チャレンジ。

鍵開けをチャレンジしていると、愛妻から 熱いお叱り!

お金を取り出せないことを怒られたのではなく、今年アタッシュケースを壊すのが2個目だからです。

一回目は冬の大忙しの時に走っていて、氷の路面の上で派手に大転倒し、世界TOPレベルに丈夫なはずのリモワ(RIMOWA)のバックがばっくりと凹んでしまった。

そして新たに経費で買ったネットで10万ほどしたゼロハリアタッシュが、また壊れたからです。

壊れたと言っても、不良品の可能性が高いのでしょうがないのですが。。。。。。

「リサイクルショップで1000円の中古ノンブランドバック買ってきたら!?」の言葉には、、、、、

結局、傷がつかないように便利屋スタッフが開けてくれたのですが、みんな遺品整理ラッシュで忙しかったので、結局2日ほどパソコンも使えない状態でした。。。。

今回の一件で気がついたのですが、当便利屋ではキーロックされたしまったバックの解錠も可能だと言うことです。

もし仮に当社で解錠できなければ、提携先のカギ屋さんが開けてくれるでしょう!

今回のゼロハリはメーカーに返品or交換をお願いし、やはりリモワアタッシュに戻ろうかと思っている今日この頃です。

来週からマニラ出張なので、マニラで安く買ってくるのも手かもしれません。

マニラにお気に入りが無くても、来月の香港、プノンペン、タイの何処かには僕のお気に入りバックが待っているでしょう!

当社では、ゼロハリバートン・リモワ・TUMI等の高価買取も行っております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*