タイへの不用品輸出に関して monococo thailand

皆さんこんばんは!さて既に深夜3時ですが呼んで頂いている方々の姿を想像して気合い入れて一発目の記事です。

長らく投稿していなかったので、一個目の記事はまず何から投稿しようか30分も悩んでしまいましたが、初めて私の姿を見るや長年お会いしてない方もいらっしゃると思いますので、私が出ている動画を一個目の投稿とさせていただきいと思います。

私の職業は多岐にわたりますが、私の使命を達成すべき事業の中で最も特徴的であり重要なことは、日本ではゴミと呼ばれる不用品の輸出です。

平成27年の今年で不用品の輸出を始めて既に7年目になりますが、

今考えるとよく輸出事業に踏切り、数々の壁を乗り越えてきたものだと回想し自社に誇りを持ってしまいます。

現在は札幌市からだけではなく、北海道内や関東のお取引様からもコンテナを出荷させていただいており、40フィートコンテナで月2~5本のコンテナ 年間300トンほどを輸出させていただいています。

・現地でゴミになる物は送らない

・日本はレアメタルだけではなく現在ゴミとして廃棄されている都市商材が日本の財産であり日本の未来に貢献できる会社でありたい

というコンセプトを社員が一丸となり実践してきた結果で、現在はタイをはじめにASEAN各国の卸先の取引様からお激しい購入の引き合いがやまない状態です。

逆に出荷量が全く間にあっておらず、もっと環境破壊の要因の一つである日本のゴミをどう仕入れて輸出していくかが日々の課題です。

日本人が使った家具や日用雑貨等は中古でも海外では大きな信頼と人気があります。

きっと日本の中古品は世界で一番クオリティが高いのではないでしょうか?

昨年尊敬する経営者の大先輩から、甘利経済再生担当大臣と面談させていただき、

日本の不用品の世界流通は今後日本の大きな柱の一本になるではないかと痛感しました。

鷹の目で言うと日本の将来の為、また虫の目で見ると当社の日々実務であるの遺品整理でも

お客様に処分ではなく、輸出できるものは買取として扱え顧客満足に繋がるという大きな効果にもなっています。

この仕組みを説明すると熱が入り長くなりますので、また新たな投稿で書かせていただきますね。

“タイへの不用品輸出に関して monococo thailand” への1件の返信

  1. こんにちははじめまして
    昨年7月に日本の宮崎にて、リユース事業を目的とし、起業いたしました
    合同会社LIEFtoLIEF社員の中武政侍と
    申します
    いま現在私共の倉庫にて、規則正しいものではございませんが、主に日本の一般家庭や事業所にて回収いたしました、家具、机、椅子ソファーなど
    また、食器や調理器具など
    40フィート以上にもなる量のリユース品がございます。
    是非ともタイでの輸出事業を完遂させるべくして、
    馳せて、この度バンコクへ訪問した次第です
    また商談叶わずとも、貴社のバンコクにおける商いの手段手法など、見聞し
    学ぶ事ができれば幸いに思います
    二週間バンコクに滞在予定でございます。ご多忙中のこと承知しておりますが、お時間ご都合よろしければ
    是非ともご面会の程よろしくお願いいたします
    ご面倒ですが、メールにてお返事お待ちしておりますm(__)m

    合同会社LIEFtoLIEF
    中武政侍
    e-mail a.4nyy@hotmail.com
    TEL 080-1544-1814

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*