チェンライで珈琲栽培

先日のチェンライ出張の時のことですが、素敵なカフェを発見しました。

私の現地での足は、NUMの一期一会号。

いつも仲良く私と交代交代で運転しています。

一期一会号

昨年、たまたまドンキホーテで見つけてお土産にしたら、気に入ったみたいで彼の車に貼りっぱなし。

たまたまですが、よーく考えると素敵な名前ですね。

曹洞宗開祖の道元禅師の教えを実践できる車です。

さて、一期一会号が片道3時間走りチェンライ市繁華街に到着する時に、一期一会号の面々は

我々の興味を誘うお洒落な日本語の看板を目にした。

その名は「はなぞの珈琲」。

静岡出身の女性海野さんがタイの方と結婚し、こちらで珈琲豆の栽培をし

その珈琲を香りが逃げないフレッシュな状態で、提供されているお店です。

お店に行くと、現在在住の日本の男性とカナダ在住のお孫さんが、いらしゃって日本人5人とタイ人1名で団欒。

私もすっかり気分が良くなってしまって、イレギュラーな方にあった時のお土産用のお蕎麦とうどんをプレゼントさせていただきました。

お返しに戴いたのはなんと麺ツユ。

なんと、この近くのシンハビールの工場で、日本の麺つゆを製造しているそうです。

もの凄い美味しい珈琲を飲みながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。

海野さん、またお邪魔しますので私のこと忘れないで下さいね!

残念ながらホームページは無いそうなので、変わって私が住所等を記載します。

はなのぞのコーヒー

189 M.3 B.Suandok T.meakorn A.muang Chiang Rai 5700

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*