中古陶器の買取 岩見沢のこぶ志焼き等が人気

札幌の総合リサイクル店モノココ厚別店の自称日本一のリサイクルテーブルウェア売場は1万点の在庫が並んでだけ有り、味があり素敵な陶磁器(とうじき)も沢山あります。中古の陶器磁器の買取と格安販売の品ぞろえが凄い

その中でやはり北海道にショップがあるだけあって、日々北海道の窯元(かまもと)の作家さんの陶器(とうき)も多く買取持込みされています。

日本で有名な焼き物(陶磁器)産地は、備前焼、志戸呂焼、有田焼、瀬戸焼、久谷焼など多くありますが、北海道にもそれほど有名でも古く もないが、窯元が点在しています。

焼き物が好きな人は自宅に収納できる個数にも限りがあるので、当店に訪れる焼き物好きのお客様方は、来店ついでに持ち込みし査定時間にゆっくりと、新しい自分好みの陶器を購入されるパターンが多いんです。

最近、私個人がはまっているのが北海道岩見沢市にあるこぶ志窯(こぶしがま)のこぶ志焼きです。岩見沢こぶ志窯の焼き物

札幌から距離が近い事もあり、持ち込まれるのも売れるのも個数が多い食器なので、店舗巡回する際についつい自分の買い物に走ってしまいます。

「こぶ志焼」特徴は、釉薬も素地も自ら作っていて、元になる原料の一部に北海道産粘土を使っている事です。

本当にきれいな色でなめらかなフォルムで、普段使いにもしっくりと馴染み、いつも我が家の食卓も彩ってくれる「こぶ志焼」。全然飽きずに長く使える、北海道の器です。

最近は家で飲む日本酒用のぐい飲みも、家内が作るパスタの大皿も、珈琲カップも北海道の焼き物にはまりっぱなしです。

読者の皆さまも、家に埋もれている陶磁器や贈答品等があれば是非リサイクルショップモノココ買取カウンターまでお持込ください。箱が無くても買取大歓迎です。

未開封にこだわらず、箱が無い使用済み食器でも買取OKです。

作家物の作品やデザイン性に優れた物は一点一点査定をさせていただき買取りさせていただきますが、それ以外の食器も①プラスチックない事 ②チップや破損が無い事 を条件に食器であれば何でも東南アジア諸国への輸出用にキロ単位の量り買いで買い取れます。

お引越しや模様替えの際の大量に出た食器を廃棄したくない場合は、是非総合リサイクル店モノココにお持込ください。

お店の会員登録もしていただけますと、10%のポイントがたまるだけではなく大量入荷やセールのお得な情報もお届けさせていただくことが可能です。

大型総合リサイクルショップ・モノココ 札幌 厚別店

住所: 北海道札幌市厚別区厚別西4条2丁目8-7 トライアル1F

電話番号: 0120-414-731

営業時間: 10:00~20:00
定休日: 年中無休
駐車場: 200台

北海道の主要窯元

  • 大雪窯
  • 札幌焼盤渓窯
  • こぶ志窯
  • 海月窯
  • 皆空窯(かいくうがま)
  • 屯田窯
  • 空昌窯
  • 流氷窯
  • しんとく焼き 狩勝窯
  • 雪炎窯(せつえんがま)
  • メロン灰の陶芸、可窯
  • 北の嵐山(きたのあらしやま)
  • 小樽焼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*