今年7月に既に予想されていた尖閣問題

政治的なことは、極力このブログで書きたくないのだが

このyoutube映像だけは、載せておきたい。

尖閣問題の前、今年7月31日に既にyoutubeで流れてた情報です。

既に北海道の土地も東京ドーム18個分中国人に買われているし、水面下ではその数十倍あってもおかしくないと思います。

私が言いたいことは、マスコミに流れている情報は真実と真実でないことが共存する。

隣の大国は友愛で仲良しこよしのお友達ではなく、既に日本の政治家やマスメディア幹部、教育関係の一部を洗脳し、長期的戦略で日本の国土を狙っているという事実。

逆に考えると今の日本は本当の意味で危機管理を考え直し、もっと良い国になれる好機なのかもしれない。

テレビや新聞だけのNEWSにとらわれず、日本国民のほとんどが自分で情報を収集し、意識を変えていく必要がある。

右も左も両方の情報をネット等で収集し、正しい情報は何のか?を多くの国民が考えれるようになった時に、

初めて日本はもっともっと国際社会に貢献できる立派な国に生まれ変わると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*