北海道最大手の遺品整理業として財界さっぽろに紹介されました。

今年2回目の財界さっぽろ5月号での当社の記事です。

今回は終活の特集で「個人から法人まで対応可能。北海道内最大手の遺品整理業者」として紹介いただき、当社の不用品が海外に行っている事や全道を網羅する各店のことも書かれていました。

財界さっぽろ

この新しい業界でコンプライアンスを守るシステムを構築する事を柱に置き成長してきたので、ここ数年では上場1部を始め大企業との業務提携が増えてきて企業様さからの遺品整理紹介案件が急増してきました。

コンプライアンスだけではなく、お客様の負担を軽減させるために他社と最も大きな差はチャレンジと投資を続け海外への輸出に関しては遺品整理業界で国内でも先進的なシステムを築いているのも近頃社会から注目されている原因だと思います。

また日々会議で遺品整理ご依頼のお客様にとって何を求められているか?何が必要か?

どう成長していくのが社会的正義かを議論してきましたので、お見積もりのお客様へ進呈させていただているご家族の為の遺品整理マニュアルやその他のサービス面等当社でも2年前とは大人と子供のようなレベルのユーザビリティの成長をしています。

道内最大手の遺品整理業

 

不動産業、葬儀社、弁護士、司法書士、行政書士、老人介護施設等の業者様からの遺品整理案件を紹介が増えていますが、当社に声をかけていただく時は決まって「信用できそうな会社を探していた」という有り難い言葉をかけてもらっています。

確かに依頼した業者が法令順守を守らない回収業者であれば依頼者や紹介者に責任がまわってきます。よくある不法投棄では依頼者も同じ罰則で個人なら3000万円、法人なら3億の罰金の重罰です。懲役もついてきます。依頼者が善良な市民でも発注した業者が悪ければ罰則はあります。

業者選びのコツは、まず法人かどうか?正体不明の業者ではないか?営業年数はどうだろうか?電話や担当者の対応はどうだろうか?遺品整理の発注書はどう?かなどのチェックが重要となります。

亡くなった故人にとっては、最後の最後のお片付け。しっかりとした遺品回収代行業者を選ぶことをお勧めします。

もし、私をご指名いただける場合は、遺品整理.com(tel:0120-556-179)にお電話いただき、「社長の見積指名!」っとおっしゃっていただければ出来るだけ直接お伺いできるように致します。

 

株式会社ルーツ・オブ・ジャパン湊源道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*