家庭の不要なバックやぬいぐるみは捨てずに支援に

新聞各社でも報道されてましたが、家庭の不要な物を支援金に変える当社の新しい試みです。
3月11日に押し入れに眠ってるバックやぬいぐるみをお持ち頂ければ幸いです。
皆さんSNSのシェアでもご協力下さい。
—————-

551529_782717091805621_7447395273912202436_n
【不要の バック・ぬいぐるみの回収ご協力のお願い】
あなたの家に眠っている「バック」・「ぬいぐるみ」が
⇒フィリピンやタイでは、とても需要があります。
⇒東日本大震災による避難生活をサポートするための寄付金になります。
当社は震災直後から北海道へ避難された方々への支援に、社を挙げて取り組んでまいりましたが、この度、当社の得意分野である『不用品を回収し、東南アジアに輸出する』生業を生かし、下記のイベントにて、ご家庭で不要になった「バッグ」と「ぬいぐるみ」の寄付を会場で受け付け、弊社が買取という形で支援金に換金し、震災により北海道に移り住んだ方々の自助団体「みちのく会」(本部・札幌)へ全額寄付することにいたしました。

市民の皆様、ぜひご協力をお願いいたします。


▽お持ちいただくぬいぐるみ、バッグのサイズ、種類は問いません。ただし破損や極度のシミ、汚れがある物はお断りします。
▽受け付け場所と時間
札幌駅前通地下歩行空間 北3条交差点広場(西)
2015年3月10日(火) 12:00~20:00
2015年3月11日(水) 10:00~19:00
▽問い合わせ先:
株式会社ルーツオブジャパン
TEL:011-859-6445 080-4296-0467
※2015年3月7日付け北海道新聞朝刊33面に、「不要なバッグ・ぬいぐるみ寄せて」というタイトルで掲載されました。
◆現在、バッグの種類や程度に関するお問い合わせを多くいただいております。
◇種類に関しては、たとえば、通学で使っていたエナメルバッグ、女性用・男性用ハンドバッグ、ショルダーバッグ、リーズナブルな布バッグから高級ビジネスバッグまで種類は問いません。
◇程度としては、処分ではなく、東南アジアの方々に使っていただくものです。
皆様のご協力をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*