少年よ大志を抱け

先日札幌市豊平区羊が丘で大型廃品買取の見積もりに行った際に、羊が丘展望台の前を通った。

ふと札幌市民になじみ深いクラーク博士を思い出す。

札幌市内の小学校で育った人なら、誰もが親しみ深い言葉。

「少年よ大志を抱け」

アイフォンで ふとこの言葉を検索してみるとこの言葉に続きがあったことを知った。

まさに私の今までは「少年よ大志を抱け」だった。

今日からはその続きも大事にしたいと思う。

 “Boys be ambitious ! Be ambitious not for money or selfish aggrandizement , not for that evanescent thing which men call fame . Be anbitious for the attainment of all that a man ought to be .”

 少年よ、大志を抱け。

 しかし、金を求める大志であってはならない。

 利己心を求める大志であってはならない。

 名声という、つかの間のものを求める大志であってはならない。

 人間としてあるべき すべてのものを 求める大志を抱きたまえ。

 

追伸:

書いてから思ったが私は既に少年じゃなく青年でした。

でも少年のような心も持っているので大志を持ち続けます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*