市民に潰される支援

これは全国の皆様に問いたい。

こういう事を書くと敵が増えることを覚悟し、誰かがはっきりと言わなけばいけないので公表します。

当社では営利を無視し、震災後被災された方の支援に無我夢中で突っ走ってきた。

ホームページ、facebook、ツイッター、テレビ、新聞を見て毎日、「●●を寄付したい」っとの電話が後を絶たない。

大変ありがたい話です。

しかしそれは全体の2割の話。

残りの支援したい物は、ゴミの押し付けだったり、取りに来いと言う内容だ。

壊れたテレビ、ボロボロで臭いがきついけど座れるソファー、リサイクルショップで断れた大量の品々、

一体誰が欲しいの!?

同じ物が二つあるなら新しい物を寄付して欲しい。

正直に言ってゴミの押し付けが多い。

私達に取りに来いと言う電話も多い。

考えてほしい、車で30分の所に当社社員に2名で取に行かせたとしよう。

人件費、燃料費等の経費だけで6000円はかかってしまう。

丁重にお断りするとモンスター支援者に変身することも多い。

怒鳴り散らされて一時間電話を切れないことも多い。

電話受付を担当する女子社員が涙をうかべていることもあった。

私は震災後被災地で活躍する立派な方々がクローズアップされる中、こういった国民意識及び

心のレベルの低さに警鐘をうながしたい。

私は更に思う。よく耳にする言葉

「この復興は長引きます。みんな無理せず、自分の出来る範囲で心の長い支援を。」

これだけの震災と人災が起こっている中で、誰しもがゆっくり的外れな支援ばかりしていて

本当に復興は出来るのだろうか?

他人不干渉主義の象徴のような言葉だと私は感じてしまう。

「あなたの会社は大きいから」「あなたの会社は余裕があるから」

っと言う方も多いが、それは自分を肯定する為の話では?

私の会社に余裕の「よ」の字もありません。

私らだって震災の影響を立派に受けています。

さらに私達に協力したいという企業もポチポチと出始めている。

ありがたい、しかし!!

「企業名は出ないかも知れませんよ」

っというと、「別の方法を考えるので今回は無かったことに」

という企業も異常に多い。

私が熱いのではなく皆さんが保身&無干渉主義が板についているのだ。

そして企業に至っては拝金主義が板につきすぎている。

しかし、今日までそうでない立派な方々も同時に我々の前に現れ、目の前で慈しむ心を実践していた。

見返りを求めない支援、そしてそれを見ていた人が共感し

尊敬や友情等、見返りを求めないからこその、かけがえのない見返りが現れる。

「支援したいが何をしていいのか分からない?」

っという方はもっとアンテナを張り巡らそう!もっとアイディアを出そう!

この復興は日本国民全員がプレイヤーである。

みなさんの子供達の為にも一日も早い、新生日本を作らなければいけない。

そしてこの日本復興の前例が、今後の子孫への財産になり

世界で同じ規模の災害が起こった時の、かけがえのない手本になる。

http://benriyablog.com/?p=1186

追記:

モンスター支援者の多くは、40代以上の女性。時にはヒステリックになり電話で怒鳴り散らす。

自分だけは特別に寄付させてと粘る。政府や政治家に言いたい気持ちをやたら私達にぶつけてくる。

等の特徴があります。

市民に潰される支援” へのコメントが 19 点あります

  1. Twitterからこちらを拝見しました。
    日本の寄付にはそういうのが多いと、以前から聞いたことがあります。
    私も40代女性ですが、周囲でもヒステリックになっているのは、やはり女性が多いです。
    見ていると、社会や世間と隔絶された生活で、多くの人と公的に関わる機会の少ない人に多いような気がしました。
    私の妹は、会社で募金を募った際、家族から集めたお金を渡したところ、20代後半から30代前半の若い女性陣(一部ですが)「金持ぶってかっこつけてる」「結婚もできないから、金だけは持っているだよね」とみんなの前で言われたそうです。

    世の中にはいろんな人がいますが、被災された方のために何かしようとするのならば、そういう人たちのことを超えて、被災されたみなさんへ想いをつなげることをやめないようにしないとならないと思いました。

    会社として行われている場合、そういう人間性を疑うような下劣な人たちへの対応も無碍にはできないと思いますが、ぜひとも支援をがんばってください。

  2. ひどいですね…。こんな思いやりのない人達、どうかしてますね。

    ついでのようで申し訳ありませんが、問い合わせです。

    飾りきれずにしまい込んでいるぬいぐるみがあるのですが、子供達、いらないですかね…?ディズニー系のものなんですけど。共同の遊び場なんかに置いたら遊んでもらえないかしら?なんて思ってるんですけど…。今の子って、ぬいぐるみ遊びしないですかね?
    人によっては粗大ゴミと思うかもしれませんが、捨てるのはかわいそうな気がして…。

    断られても怒りませんので(笑)、ご意見をいただければ幸いです。

  3. >> I.Sさん
    こういった時に周りに人の人格は見えてきますね。
    みんなが的外れなことをしないように、本当は地方でも政治家が先導してどういった物をみんなでしようっと発信してくれれば良いのですが、、、

  4. >>ぷーこさん
    自分の仕事に繋げることは憚りますが、当社ではそういった人形を輸出しています。海外の低所得層の子供が親に買ってもらい大喜びしています。回収は出来ませんが、モノココ厚別店では無料引取及び買取をしております。 第4回ようこそあったかい道の開催そのものがあるかどうかは未定なので輸出の線で考えていただけたら幸いです。 

  5. twitterから来ました。
    私も札幌ですが、とても残念に思います。
    札幌だけのことだと良いのですが(札幌人としてはとても悲しいことではありますが)、日本全体がそういった風潮にあるとすれば由々しきことですね。
    このようなことをブログに書くことも勇気が必要だったと思いますが、良く書いてくださったと思います。
    そうでなければI.Sさんの言うように日本の寄付にはそういうことが多いという話も知らずにいた私がいます。

  6. 勇気ある告発に敬意を表します。
    現代日本人のもっとも醜い部分ですね。自由や権利ばかりを声高に叫び、金銭などの我欲に支配され、己さえ良ければ他人を誹謗する。
    真面目で誠意があり、思いやりのある、世界に誇れる日本人の精神性はどこへ消えてしまったのやら。
    この大震災で目覚める人が増えることを願っていましたが、まだまだ少ないのは残念なことです。
    こんなことに負けず、これからも頑張っていってほしいです。あなたのような存在が、復興の希望となり得ると感じます。

  7. このような現実があるのも悲しいですが、大変有意義な
    告発だと思います。教えていただけて感謝しています。
    自分はこのようなモンスター支援者にならないように
    気をつけて支援活動を続けていこうと思います。
    (といってもこんなこと思いつきもしませんが…。)
    相手の方が欲しい、支援して欲しいと思うことだけを
    丁寧に続けて行きたいと思います。

  8. 共有頂きありがとうございます。

    このような事態において正しい思われる事、そうでない事
    通常時では想定できないような事が色々な所で起きているのではないでしょうか。私は今回共有頂いた事も一つの事象として捉えます。そして、改めて支援する事に際しては相手の立場や状況を考えた上で行動して行こうと思いました。
    そして、情報に際するリテラシーはもっともっと上げていかなければと。

  9. 敵が増えるのは確かにその通りでしょう。
    でも、味方のほうがもっとたくさん増えるはず。
    と私は思います。

  10. 何故か寄付を中古品の譲渡と考える人が多いですね。「家の不要なモノを送る」と言った友達を諫めたこともあります。

    私もあるプロジェクト参加で絵本の提供呼びかけをしましたが「新品」と記載したにも関わらず、汚れた上に書き込みが沢山ある本を持ち込みされて悲しく思いました。

    被災者は3月11日14時45分までは私たちと同じ生活を送っていた人たち。それを考えれば何を送るべきかわかるはずなのに。残念です。

    今回の発言に共感する方も多いと思います。今後のご活躍応援いたします。

  11. 捨てるのがもったいない、捨てるのがかわいそうだからあげるって、捨てる前提の不要なものをあげるのは避けるべきなのでは。
    被災された方々に贈り物をあげるつもりで寄付するならば、自分が使おうと思っていたもの、自分が大事にしているものをあげるだろうと思います。
    自分がサンタクロースになったつもりで子供たちにプレゼントをあげるとしたら、自分が使っていて不要なものを渡したりしないですよね?

    「自分には不要だけどどこかの誰かがこれを活用してくれるのでは」っていう発想は、そこに選別という無用なコストを生じさせますよね。

  12. 私は、
    http://b.volunteer-platform.org/

    http://agemasu.jp/
    を見て、必要とされている物だけ送るようにしています。人の問題はいろいろありますよね。良い人ばかりじゃないですが、悪い人ばかりでもないです。これからも一緒に支援を続けてゆきましょう。

  13. 今回の震災で真っ先に思ったのが、寒さ避けです。何着かあるオーバーコート。使わないダウンコート。サイズが合わなくなった上着。皆捨てるものではありません。何時か着れると思って持っているものです。私は60歳ですが、私の中学時代のセーターを、息子が中学生の時に30年の時を隔てて着てくれた時には嬉しかったです。だからすぐに提供しなければ・・・しかし、妻と話したのは「自分たちがいくら着られるものだと思っても、貰う方からすればただの古着だ。せめてクリーニング店に出してからにしよう」という事でした。考えようによっては、不要な物の処分ととも取れる行為です。壊れた電気製品は言語道断ですし、行為の押し売りは迷惑そのものです。誰かに使って欲しいと思っているものを、喜んで使ってもらうのは、本当に難しいことだと思います。でももったいなくて捨てられません。自分が好きなものを誰かに生かしてほしいとは思います。

  14. ピンバック: 障害報告@webry

  15. ピンバック: 市民に潰される支援 : 札幌市の便利屋 源さん(青森&横浜&タイ) « Education News & APP

  16. ピンバック: 公式の『mixiチェックボタン』『Twitterツイ ートするボタ… - NEWS 99

  17. お怒りごもっともですが、ひとこと言わせて下さい。
    私は「助けあい北海道」で支援物質を提供させて頂いた者です。
    当然の事ですが、私の提供したものは中古品です。
    現物を見に来て頂いて提示したもの以外にも、必要なものがあればどうぞと言ったところ、差し上げるのが憚れるような傷んだものも頂いて下さいました。
    電化製品や家具は洗剤や重曹を使い汚れを落とし、布団は一日中布団乾燥機を入れ出来るだけふっくらとさせたつもりです。カーテンもあわてて洗濯しました。傘や、靴べら、スコップも喜んで貰ってくれました。週末に赤帽さんを頼んで運んでもらいましたが、部屋には本当に何もなかったとの事でした。
    私は資産家でも芸能人でもありません。現金や新品の方が当然良いでしょうが、一般市民が出来る持続した支援は、現在所有しているものを提供する事だと思います。
    モンスターの方もおられるかも知れませんが気持ちも汲んであげて下さい。
    「便利屋 源さん」に支援を立ち上げて頂き、多くの人たちが喜びを共有できた事を感謝していると思います。
    社員の方々まで、仕事をなげうって協力させるのは、長続きしないのではないでしょうか。
    支援物質の運搬は支援者が自己負担でするようには出来ないでしょうか。
    「便利屋 源さん」が今後も活躍して下さることを願っています。

  18. twitterから来ました。

    便利屋 源さんのおっしゃること、よくわかります。
    私も震災支援の後方業務を手伝っていますが、市民の(但し、一部の)善意の押し付けや視野の狭い有難いご意見に、支援業務が少なからず阻害されている面もあります。

    本来は善意の行動なので、大変にお気持ちは有難いのですが、やはりもう少し様々なことを考えて行動していただきたいものです。
    ただ、今回の震災で膨大な事務が発生しています。市民の方々から見れば、1つのことですが、受ける側からすると何千、何万もの量になるのです。そのあたりのご理解と配慮をいただけると大変助かります。

    なかなかこうした状況をお伝えするのは難しいところ、源さんの勇気ある問題提起に大変感謝いたします。ありがとうございます。

  19. 私が所属しているNPO法人が、7月末日に活動拠点を移転します。
    移転先がガスストーブなので、現在迄使っていた石油ストーブが
    不要になりました。
    <ストーブの詳細>
    ・KKトヨトミ製トヨストーブ
    ・形式:FF-96C(密閉式石油ストーブ)
    ・2年間使用しており、保障期間は過ぎています。
    さらなる詳細は、以下のページをご覧下さい。
    http://www.north.ad.jp/ssn/ztentative/stove.pdf

    ご覧になってお分かりのように、容量が大きく一般個人住宅用ではなく、コンクリート建築では40畳の暖房が可能です。

    震災地区の避難所(学校の体育館など)でこのストーブの希望者がおられたら、その住所迄にストーブ一式の運送を、SSN法人札幌シニアネットが行う用意があります。

    もし、私共のオファーを受け入れて下さる組織があれば、相手先の住所・電話番号・もしあればメールアドレスをお知らせ頂きたく、メールを差し上げました。ご検討をよろしくお願い致します。

    NPO法人札幌シニアネット 事務局長 森谷昭彦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*