当社倉庫大火災に関してのご報告

 

火災

新聞・テレビ・ラジオでも報道されていますが、平成22年2月22日22時に札幌市南区にある当社株式会社ルーツ・オブ・ジャパンの倉庫が全焼いたしました。

消防・警察での現場検証の結果、現段階では放火の可能性が高いとのことですが、自社の内部調査・検証でも当日火災に至るような原因は全く無く現在も原因は不明です。

放火及び漏電等の可能性も高いとの当局の判断ですが、事実は現段階では分からないのが実情です。

不本意の出火とは言え、飛び火でご迷惑をおかけした倉庫のオーナー様・近隣の方や鎮火にあたった消防隊員・団員様、調査に入っていただいている警察関係者様に深く謝罪いたします。

当社のダメージはあまりにも大きく、一時は会社の解散も考えたのですが、まわりの励ましの言葉も多く、会社存続に関して臨時会議を招集いたしましたが、社員全員の意見が一致し、営業を続け当社をもっと成長させ 限りなく世界中の人の為に役にたてる会社に成長するのが一番の反省と考え、今までにも増して社員・アルバイト全力で復興に努めることを決意いたしました。

日頃お付き合いさせていただいてる会社様等のご協力により、現在も営業は通常通り行っております。

今回の事件で沢山の友人からの励ましのお言葉・賛助・火事見舞い等、陰で涙したほど心より感謝しております。

特に東京から駆けつけてくれた親友、

士別から駆けつけ、お世話になった倉庫のご供養をしていただいたご住職、

毎日ルーツ・オブ・ジャパンの為に自分の仕事を投げ出し奔走してくれているH社長&O社長。

僕はあなたたちの様な熱い心を持った人間になります。男としてあなた達の思いやりや行動力にしびれてやみません。

男 湊源道 生涯 皆様方への このご恩を忘れず この危機を乗り越え より一層邁進させていただきます。

追伸:

一番上の写真は、焼け野原と化した倉庫跡で復興を誓いあったあとの当社社員達の写真です。

涙目でも笑顔のこの日のスタッフの顔を僕は忘れることがないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*