携帯保護フィルムの貼り方のコツ

タイ出張中の源さんです。

sofotbankshop(ソフトバンクショップ)で購入したiphone(アイフォン)4の保護フィルムが空気の気泡だらけだし、すぐに取れてしまったので

タイで新しい保護フィルムを付けてもらいました。

携帯保護フィルムの貼り方の裏ワザを発見してしまったのでネタとして投稿します。

アイフォンやアイパッドの保護フィルム貼り

見ていて驚いたのは全てセロテープの代に設置したマスキングテープを使って作業することです。

まずiphoneのディスプレイ面を丹念にふき取り、その後マスキングテープで細かいチリや埃を除去する。

そして新たに貼る保護フィルムをマスキングテープで持ち上げ

本体画面にゆっくりと張り付ける。

—- ザ高価出張買取では、中古i-phone/i-pod/i-pad/白ロムを高価買取いたします。 ——-

空気が入った場合は、そのマスキングテープでまた持ち上げ貼りなおす。

マスキングテープを駆使することによって、全く空気の入らない保護フィルム貼りの作業終了です。

携帯屋さん是非試してみてください。

便利屋さんなので依頼してくれたら、貼るところをムービーで撮ってきますよ。(笑)

人の多い場所(駅等)で、フィリルム貼り屋さんをやったら商売になるかもね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*