支援物資のご寄付をお願い致します。

皆様、「源さんブログ」をご覧頂きありがとうございます。

株式会社ルーツ・オブ・ジャパン、紀室(キムロ)と申します。

当社社長の湊が多忙の為、代筆にてご案内させて頂きます。

情報が小出しになってしまいます事、予めご了承頂けます様お願い致します。

この度当社では、被災地に向けて支援物資をお送りする事になりました

みんなの党の小熊慎司参議院議員、柿沢未途衆議院議員のご協力により

第1本目の運送が決定しております。

行き先は仙台の予定ですが、変更の可能性も大きくございます。

大至急、必要な物や当社在庫も支援いたしますが、

被災地の方にとって本当に必要とされる商品を優先的にお送りする為、

皆様にご協力をお願いしたく思います。

皆様、『毛布長靴懐中電灯発電機電池』がございましたら、

当社リサイクルショップ モノココ厚別店までお持ち下さい!

本日受け入れを開始致しました。

ご友人、ご家族の方にもご周知頂ければ幸いでございます。

住所:北海道札幌市厚別区厚別西4条2丁目8-7 トライアル1F
電話番号:0120-414-731
営業時間:10:00~20:00

皆様のご支援、ご寄付を心よりお待ちいたしております。

どうかご協力頂けます様お願い申し上げます。

只今、社長の湊は現場に飛び回っており

パソコンの前に座れず、現在 twitter と facebook のみでの投稿となっております事

何卒ご理解下さい。

また、第2、第3の物資出荷も考えておりますが、内容・送り先等は未定でございます。

皆様からのご要望がございましたら、ご連絡頂ければ極力お応えする考えです。

今回ご寄付を頂き、積込みしきれなかった物は第2弾に追加いたしますが、

もし2回目の運送が行われなかった場合は、

当社で支援しておりますフィリピンのスラム街、貧困に苦しんでいる方たち宛てにお送りする考えです。

今回の件は、スピードを重視致した湊の決断でございます。

皆様からの暖かいご協力を、心よりお待ち申し上げております。

株式会社ルーツ・オブ・ジャパン

支援物資のご寄付をお願い致します。” へのコメントが 4 点あります

  1. 前田様、3月15日に既に札幌を出発し、宮城県の皆様の手元に届いております。
    ご協力いただきました皆様へ心よりお礼申し上げます。
    2回目に関しては大手企業や行政も救援物資に動き出しましたので、我々の様な小さくてフットワークの軽い企業の救援物資送るという役目は終わったと認識ししております。
    今後は独自の移民援助体制や復興支援、予想される食糧問題等の活動をしたいと考えております。

  2. 厚別西に住んでる主婦です。
    友達から衣類の物資支援をするので集めたい・・・会社があるとと、昨日メールが来ました。
    その会社関係の東北支社の方で被害にあってしまった方々に送る為、いくらあっても構わないと言うので昨日のうちに知り合いにメールで連絡し結構集まりそうなんですが・・・
    ついさっき、集まり過ぎてストップしてほしいと言われてしまいました。
    せっかくみんな協力するよ・・・と言ってくれたのに、今さらいらないなんて言えるはずもありません。
    その会社の関係者以外にも沢山の方々が家等を失っているので、衣類も必要だと思うのですが・・・
    そちらで衣類品を送る予定はないでしょうか。
    何かできないか・・・と考えていたみんなの好意を無駄にしたくはないし、被災地の方々を応援したい気持ちでいっぱいなんです。

  3. 新品であれば受け入れてもらえる可能性はあります。札幌市でも(http://www.city.sapporo.jp/kinkyu/busshi_boshu.html)受入しております。
    奥尻や神戸の時も古着は選別や保管場所に困る他、最終的にはゴミになり被災者の負担になったそうです。
    あなたの見栄やエゴの為の支援なら全く必要はありません。
    情報は錯綜してますが自分なりに情報を調べ支援をしなければいけないと私は思います。
    我々も古着であれば100トン以上は集める自信があります。
    何故集めないのか?それはゴミになる可能性が高いからです。
    震災直後に当社からも古着も送りましたがそれはまだ一般に送って救援物資が届かない状況だったっからニーズを読んでの発送でした。以後は控えています。
    その他の方法としては勇気を出してみんなに返すか、賛同してもらった上でリサイクルショップに売りに出し、そのお金で今本当に必要している何かを寄付するのはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*