支援物資の輸送

被災地の皆様心よりお見舞い申し上げます。

被災地の皆様の悲しみや不安な気持ち、私も家族が同じ境遇にあったことのように感じ

胸が痛む思いで朝から朝まで、「どうすれば皆さんのお役に立てるか?」っと

自分を責め走り回っています。

口先だけの企業PR支援にならぬよう、善意が的外れでご迷惑にならぬよう、

今後の展開を考え被災地の方や我が社の従業員への責任を全うできるように、

私達が当たり前の右に習えの支援ではなく、私達の持っているカードを最大限活かした

最善の支援を出来るように考え、3,11以来己と戦っています。

3月11日に思ったことは、私に何が出来るか?です。

答えはすぐに出ました。

それは、中古品を世界各国に輸出している業者として、倉庫に在庫されてる今すぐ出荷可能な生活必需品を

海外で販売するのではなく皆様にお送りすることです。

スピード重視で考え輸送方法を考えましたが、私の力ではその日の内に前に進めることは出来ず、

繋がりのある福島選出の小熊国会議員に相談したところ、すぐにみんなの党で受け入れ態勢を作ってくれました。

結果、すぐに皆様へ支援物資を送れることになりましたが、ここからはスピード勝負。

しかしスピード勝負の中でも、次から次へ入ってくる現場のニーズの更新、

自分の力の足りなさを実感しました。

結果、予定より24時間ほど遅くなりましたが出荷できましたが、水や食料等の物資をかき集めれる時間には十分でした。

そしてその24時間の間に、有志の方々が必要な物資を集め回り、沢山の方々がトラック積載に集まってくれました。

無論自慢の我が社のスタッフ達も全員有志で必死に皆様の役に立ちたいと繁忙期で限界に近いほど疲労困憊しきった身体を

役に立ちたいと言う気持ちで頑張ってくれました。

中には怪我をして頭から血を流しているのに

「こんな傷、東北の奴らにくらべたら糞っすよ。頼むから俺を外さないでれ!」

っと申し出るスタッフやら、ツイッターを見て駆け付けてくれた仲間や、仲間の仲間まで総勢30名超で

買い出しから10トンもの詰め込みまで、イキイキとした目と言うか、真剣と言うか、

はじめてあんな目の集団を見たので表現方法が分からないのですが、

火事場の糞力に似た分類をされるような、同邦を思うパワーに溢れた作業を六時間も続けました。

今絶望と闘っている方や、自らの保身のみを考えている方の悪い部分ばかりしか

目に入ってない方がいたら信じてください。

世の中、自分のことだではない人達も沢山います。

真剣に皆さんの役に立ちたい、見返りは求めないと思う人達も沢山います。

色々な所から連携の話で打合せしますが、名誉欲や売名等未だに、程度の低いことを考えている方が

多いのも現実ですが、そんなこと関係なく皆さんを支援している人が沢山いるのも事実です。

正直私もこういった実名や社名が明らかになる所での支援は嫌です。

しかし足りない物を集めたり、手伝いを募ったりするにはSNSやブログを使って

私達の看板を使うのも手段としてやむ得ないところがあります。

今救援物資の発送の後、皆様に支援したいという声や、実際に物を集めて当社に問合せをしてくれる方が

後を絶ちません。対応で一日追われるほどのレベルです。

しかし被災現場の声は情報が錯乱し、聞こえにくい状況です。

被災地の方々、難しい環境だとは思いますが、どうか私に情報を下さい。

私は自分の社員や家族、仲間が路頭に迷わないレベルまでを自分自身の支援レベルと考え

何を削っても皆様のお役に立ちたいと思っています。

政党やどこどこの組織、誰のルートが保身なんて糞みたいなことは全く考ない支援を

実行しつづけようと思っています。逆にそういう人を軽蔑してます。

最後になりますが、昨日の物資輸送に参加してくれた有志の方々と今も動いてくれている皆様、

選挙よりも国民の救済を優先してくれた先生方、本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*