札幌の自称日本一の品揃え!陶器も充実の中古食器コーナー!

 

 

 

 

当社運営のリサイクルショップ「モノココ厚別店」(札幌市厚別区厚別西4条2丁目8−7)で、数年前から一番人気のコーナーが「中古食器一万点」コーナー。

かなり前にもここでリユーステーブルウェアの話は書きましたが、最も反響や問い合わせが多いので近況も含めて書きますね。

元々食器は中古では売れないのが当たり前というのがリサイクルショップ業界の常識でしたが、年齢と共に自分も陶器の持つ素朴さや魅力に興味を持ち始め、なんでブランド食器もしくは箱入りの新品の食器以外は売れないんだろう?と疑問を持ち、どうせやるなら他にないボリュームで試してみようと倉庫にある輸出用の中古食器から何日もかけて一万点を選び大きなコーナーを作ってみました。

あの時の従業員達の半信半疑の顔が忘れられませんが、ダメだったらすぐに元に戻して海外で販売できると言う背景があったからできたんですけどね。

東日本大震災の後で、僕がやっていたボランティアの関係で福島県や福島周辺の避難者を10名以上雇用していたので、彼等がプレッシャーに感じないで社に貢献できる新しい事業を創出する必要性もあったので新しく作ったリサイクル食器を100%任せてみたんです。

これも運がよく、担当した母子避難の女性従業員たちがセンスもいいし一生懸命やってくれてあっという間に素敵なコーナーへと成長していき、年間1000万円以上は売れるコーナーになりました。ブランド何て関係なく自分の好きなカップやお皿を買う主婦達が連日お友達を連れてきてくれて沢山の意見をお店に言ってくれて店も意見を反映して品揃えや店づくりに反映して成長が続いています。

またリサイクルショップモノココの店頭買取で陶器やブランド食器や手作りのガラス食器はなるべく高価で買取し、その他の物でも割れや再利用できないレベルであればキロ買いする買取システムがあるので買いに来られるお客様も来るついでに古い瀬戸物を持ち込んでくださり、店側はそれらを輸出用と日本人が好む国内販売用に振り分けるので商品のレベルも常に向上しています。

(※注※ASEAN諸国でプラスチック食器の価値が低くなっているので、最近は中古プラスチックテーブルウェアの買取を中止させていただいています。)

今僕のやりたいことの一つに、この4年間で培ったシステムを元に中古食器と輸出国で仕入れる手作りのテーブルウェアのSHOPを百貨店等のハイエンドユーザーが多数来られる立地で独立店舗として試してみたいことです。

ちなみに下記の写真は、私が撮影&作成したPOPの一つです。

店内にいくつかポエムつきで貼ってありますので、覗いてくれると幸いです。

全国の焼き物もどんどんお売りいただけると当社の目指す新しいエコのシステムに近づきます。また店頭以外にも倉庫には常時輸出用の数万の在庫があり業販用の卸売りも致しますのでお気軽にお声掛けください。

 

 

 

コーヒーカップ

 

 

総合リサイクルショップ・モノココ 札幌 厚別店
住所: 北海道札幌市厚別区厚別西4条2丁目8-7 トライアル1F
電話番号: 0120-414-731
営業時間: 10:00~20:00
定休日: 年中無休(トライアルの店休日による)
駐車場: 200台

“札幌の自称日本一の品揃え!陶器も充実の中古食器コーナー!” への1件の返信

  1. ピンバック: アンティークやリサイクルの着物や和装小物 | 源さんブログ(株式会社ルーツ・オブ・ジャパンの社長湊源道 北海道札幌市)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*