札幌市の市長

資料用に使う海外写真を探していて面白い写真を見つけた。

1年前のことだが、フィリピン帰りの私の飛行機と、お中国帰りの上田市長の飛行機の時間がピッタリ合い、

預け荷物のレーンでばったり現職札幌市長に出会いました。

札幌市長と札幌一番の便利屋

フィリピン人も恐れるあの危険なミンダナオ島で、奇跡的に平和な街「ダバオ市」の大学で講演し

逆にダバオの人達にダバオの平和の秘訣を教えてもらった僕は上田市長を直撃!

源さん:「市長!いつもありがとうございます。御一人で中国ですか?」

札幌市長:「そうですよ。あなたは何処からの帰りですか?」

源さん:「フィリピンですが、あのミンダナオ島です!市長、あれだけ危険な島でダバオ市だけはフィリピンで一番安全で幸福な街でした。どうやら市長の政策が良く、市長就任後 街があっという間に平和になり、今では札束を手に持って歩いても安全だそうです。」

札幌市長:「ほぉ興味あるね」

源さん:「ダバオの市長の通称はダーティーハリー。犯罪者がいたら自らの暗殺部隊と一緒にヘリに載って犯罪集団を襲い、撃ちまくって殺すそうです。」

札幌市長:「大変、参考になりました。検討してみます。」

多分検討はしてないと思いますが、大げさなようで札幌の市長にはそれくらいの心意気を持ってもらいたいものです。

来年新市長が生まれる可能性は高いのでは?っと思いますが、せめて観光客という名目で悪い中国人も沢山流入し

他国のように、治安が悪化するのだけは避けてほしいものです。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*