柳井正氏&大前健一氏 同感です。

ここ最近読んだ本で最もうなずくことが多かったので是非皆さんに紹介したいと思います。

現在危機的状況にある日本に関し、柳井正氏(ユニクロ社長)と大前研一さんが警鐘をうながしている本です。

周りの経営者を見ていても危機感がなかったり、何かのせいにして動こうとしてなかったり、若者の質も私の知る限りの東南アジアの若者と比べると比較にならないほどレベルが低かったりと、色々なことを分かりやすく説明してくれています。

まさしく私がグローバル社会に飛び出し世界企業を目指している理由、ソーシャルビジネスをする使命感、ほとんど書いてくれています。

柳井さんに自分達の活動も知ってほしいと心から思いました。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%82%92%E5%87%BA%E3%82%88-%E5%A4%A7%E5%89%8D-%E7%A0%94%E4%B8%80/dp/4093897298

———————–

・誰が日本をダメにしたのか?
・「ユニクロ」はなぜ世界へ出るのか?
・そして、ビジネスマンと企業はグローバル社会でどう戦えばいいのか?
2大論客が初めて語り尽くした”斜陽”ニッポンへの処方箋。
中国がGDPで日本を抜き去り、韓国ではサムスンやLG電子が急激に業績を伸ばす一方で、
我が国では、依然として景気回復が遅れ、900兆円以上の借金を抱えて立ち往生している。
大前研一氏と、同氏と交流のある柳井正氏の2人は、そんな日本に警鐘を鳴らし、世界に飛び出す必要性を説いている。
実際にユニクロでは、世界戦略を進め、上海やパリなど世界各都市に旗艦店を出店して大成功を収めている。
では、この国は、企業は、そしてあなたはどうすればよいのか。

●主な内容●
・今や世界は「日本破綻」に備え始めている
・今、ドラッカーに何を学ぶべきか?
・ユニクロの英語「社内公用語化」の真意とは?
・「次世代リーダーは外国人」の可能性も
・21世紀のビジネスに「ホーム」も「アウェー」もない
ほか。

●読者特典●
本書巻末に記載されたURLにアクセスいただくと、
大前研一氏ほかの特別映像がご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*