海外でのリサイクルショップ(モノココ)

今回の出張のメインはやはりモノココ-タイ支店のテコ入れ。

今私がもっと力を入れている事業です。

二か月ぶりにチェンマイ戻り店に到着して唖然。。。

何故ならば店の外観があまりにも変わっていたからだ。

そう写真のように派手に旭日旗が。。。。

あーあーこりゃ日本でやったら大変なことだ。(社会にいじめられる)

リサイクルショップ

でも目立つしカッコいいので無断で派手にしたのを問い詰める行為はしなかった。

逆にポジティブな行動力を評価。

店内に入ると「帰ってきたー」っという不思議な感覚。

手塩にかけた店と、愛するスタッフ達のおかげだろう。

日本側でのコンテナを作る時の改善により、商品のレベルも上がり

タイ人スタッフたちの努力もあり、お客様の数は激増していた。

一年半かかりやっと軌道にのってきたと言っていいと思う。

そして近隣にある倉庫に行き また驚かされた。

卸売りを求めたお客様が我先にと倉庫内の商品をどんどん吟味している。

タイで販売してる物はほとんど日本のリサイクルショップでは日本人のお客様に好まれないものばかり。

私達が輸出し商品にしなければゴミ(不用品)になる物ばかり。

そういった物を買取して輸出する。

そして海外で喜ばれる。

手元にデータはないが他の国も合わせて年間200トンくらいはゴミの削減に貢献しているのではないだろうか。

経済と環境の両方に貢献できているっということだ。

こういった形で営業しているのはタイでは私達がほぼ先駆者。

苦労も多かったが、こういう成長を実感できると

もっともっとやってやろうじゃねえか!っという気持ちになる。

将来的には色々な国への展開も考えているが、

今はもっともっと多くのタイ人に喜んでもらえるような商売にする為に

全力で走ろうと思う。

支援で人に喜ばれるのも楽しいが、やはり仕事も楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*