節電レビューと現代日本人の向かう先には?

先月、当社が運営する札幌の便利屋で節電サービスを始める前に
自ら勉強する為に大手電機店を数点周り実態調査・価格調査を実施し
自宅のリビングの照明をLEDシーリング照明に変えました。
節電LEDシーリング照明
電気店を周り色々な機種を見比べ、LEDシーリング照明と言っても従来の蛍光灯から20%程度の
節電能力しかなく、新機能ばかり充実。
「大手電力会社は原発の仕事が無くなるから節電商品は出さないのでは?」
っと疑ったほどでした。
実質ホームセンターで販売するアイリスオオヤマの商品は、大手メーカーの半分以下の価格です。
国内メーカーの携帯はよく壊れるし、性能も広告に出す為を優先し実際はバグが多く使えない物も多く
日本の電化製品に利益重視のはりぼて製品と不信感を募らせていたので余計に疑ってました。
しかし実際のところ、一ヵ月程度使用し計測はしてませんが大きな節電効果があったと思います。
理由は、私が2万8千円程度?で購入したSHARPのLEDライトは、
明るさで10段階調整、白と黄色で10段階の調整が可能なので
必要に応じてリモコンを使い設定を変えるからです。
現に今家族も寝静まりこうしてパソコンに向き合っている時は、
黄色をMAXにして、明るさは10段階中の一番下の1。
単純計算していいのか自信がないですが消費電力も10分の1ですみます。
白の光だと寂しいのですが、黄色であれば自然光の色に近いので
僕は物足りなさを全く感じません。
夕方少し暗くなった時も1で充分ですし。
電気代を考えるとコストパフォーマンスが悪いですが、節電という意識の元であれば
良い買い物をしたのかなと思います。
ここまでは、普通の商品レビューですが、僕が悩むのはその後です。
このブログを閲覧されている皆さんのほとんどがご存知の通り私の仕事はリユースです。
そして当社はマニアックほどに未来も念頭に置いた社会に必要なこと以外を
生業としないということを強い信念にし、手本を求めず社会的企業でありたいと
イノベーションを続けています。
交換が終わった後の私の家の古い蛍光灯シーリング照明の行先は
我が社のリサイクルショップで2900円で販売され、数日で売れました。
結局誰かが今も同じものを使用しているということです。
誰かが節電効果があるものを新品購入し、少しづつ水の流れのように波及するのかも知れませんが
リユースをする会社の経営をしている身としては考えてしまいます。
リユースするリサイクルショップが無ければ、
物はメーカーが欲しくなる物を次々と生産し、次々とゴミは増えます。
リサイクル(ゴミを資源として再生させる)にも、電力や資源は使います。
節電商品が増える電化製品以外の部門では圧倒的にリサイクルショップ(リユース業)の
正義を感じますが、こと発展が進む電化製品に関しては自分自身の中で
まだ釈然としない状況です。
僕自身当然ですが多くの国民と同じように原発は無い方がいいと思ってます。
しかしただ原発反対と手を挙げるのではなく、
権利と義務は裏腹だと物心ついた頃から親父に教えられているので
反対をされている多い中、まずは自分なりの答えを出そうと思っています。
私は小さな城のリーダーとしてこう思います。
当社の社員がいきなり何かに断固反対しても代替案を同時に持ってこなければ
その人間の能力を疑い評価を下げます。
ダメだからこうしよう、これに固執する人間の割合が少ないので
私はどうしたら、あんなに危険な原発が必要がない社会が最短スピードで訪れるのか
社会に提案しながら一生懸命商売していこうと思ってます。
だって、国民全員が自分の権利を言い出したらどんな世界になりますか?
日本は本当に幸せですか?
細菌も一切なく、便利だけが追い求められ、訳の分らない幸福指数で自分を量り
ゴミ屋敷にした自分は不幸のどん底だから便利屋さん助けてほしい、
私は自由の為に親と別居した、親が孤独死した、後悔はするがうちは仏壇は置きません。
昔と今は違うから。
えぇーー、皆さんの幸福ってなんですか?
原発の爆発で放射能が巻き散らかされて、住むところも追われならまだしも
住むところが追われたことさえも認めてもらえない人が大勢いて
まだ自らの価値観を変えることに勇気を見出さず、
今まで通りの今しか見ない幸福感を基準にするのですか?
携帯電話やマスコミの娯楽に振り回されて幸せですか?
一生童貞を望む若者や、
結婚したこともないのに結婚を不幸と決めつける人が増加するこの社会が幸福ですか?
日々自殺の片づけを当社に依頼する人がいてそれでも幸せですか?
皆さんは権利と義務に関してどう思いますか?
そして皆さんの幸せってなんですか?
こうやって、社会のタブーに切り込むのは変人ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*