緊急小口資金の貸付(札幌市社会福祉協議会)

しばしブログ更新が出来なくて申し訳ありません。

繁忙期と東日本大災害にあたっての活動で、ブログ更新作業が疎かになっておりました。

近日現在私が準備を進めてきたことを発表できますので源さんブログ要チェック宜しくお願いします。

さて今日のブログ投稿は札幌市社会福祉協議会の緊急小口資金の貸付手続きに関してです。

たまたま今月依頼されている無縁化社会に関しての講演会の話の時の発覚したのですが

なんと札幌市の社会福祉協議会でも独自の貸付を行っているとの情報。

しかし内容を聞いても教えてくれないし、WEBや窓口でも情報は公開してないとのこと。

私と繋がりのある社共の職員は被災地に行っていたり、休みだったりしたので

色々なところに電話してやっと、この情報に辿りつきました。

まだ行政もパニック状態の部署があるかと思いますので代わりに私のブログで公開させていただきます。

行政の中にも情報が知らされてないようなので、下記情報を被災された方の為に活用していただければ幸いです。

以下情報は抜粋です。4月1日現在の情報ですので変更の可能性があるそうなのでご注意下さい。

札幌市社会福祉協議会の緊急小口資金貸付制度の概要(平成23年4月1日現在)

1:貸付対象世帯

札幌市内の指定避難先に概ね一か月以上居住し、定期的に連絡がとれ、今回の震災で被害にあった各都道府県知事が指定した地域から来られた方

2:貸付金額

原則10万円、ただし下記基準に準じ必要と思われる場合20万円

①世帯員の中に死亡者がいる

②世帯員の中に要介護者がいる

③世帯員が4人以上いる

④重傷者、妊婦者、学童児童がいる世帯で特に必要性がある世帯

3:貸付方法

貸付の日から1年以内の据置期間で据置期間終了後から2年以内の償還。延滞利息は10.75%

4:貸付手続き・添付書類等

各種優遇処置がありますが、ここで公開すべきでないと考えますので未公開とします。

5:相談・受付窓口

各区の社共

6:その他

・自己破産、債務整理の手続き中でも受付可能

・他県で生活福祉資金をしでに貸付中でも受付可能

札幌市でも生活一時給付金を給付しています。http://www.city.sapporo.jp/hokenfukushi/jishin/20110329_ichijikin.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*