観葉植物リサイクル

昨年の暮れに、札幌市手稲区前田の分譲マンションの一室に遺品整理の見積もりに言った時の事です。

高齢で孤独死された男性の家財道具と大型家具、電化製品、いわるゆる部屋の中の残地物一式の遺品整理だったのですが、依頼者にあたる東京からいらしゃった初老の男性が、見積もり中にお父様の思い出話をはじめ、感極まってしまいました。

そして、生前植木や観葉植物、そして花が好きだったことをお話いただきました。

しかし、お部屋の中にある植物は全て枯れ果てていました。

通常であれば、廃棄処分をするのですが、

「この観葉植物、僕の家でもう一度育ててみていいですか?」

とお願いし、お客様は

「絶対無理だよ。親父と一緒に逝ってしまったのかも」

「やるだけやらせて下さい。もし本当に芽が出てきたら僕のブログで掲載するから見てくださいね!」

と約束しました。

それから4ヶ月、Sさん、諦めかけていた頃に、こんなに立派な葉を出してきましたよ。

妻と子供と愛情こめて、お爺ちゃんの木と名付け、大事に育てるので、ご安心ください。

追伸:分譲マンションの買い手が見つかって良かったですね。購入された方も喜んでいましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*