退去時の原状復帰トラブル

この仕事をしていてお客様に質問されることが一番多いのが、引越後遺品整理後の原状復帰に関してです。

特に、自殺後の原状復帰に関しては故人の亡き後、遺族が借主側と経年劣化等でもめることが多く

遺品整理業者として何処まで掃除するのか、内装はどうするのか?っと言う事で

当社と懇意にさせていただいている司法書士さんにお世話になることが多いです。

前より、国土交通省ガイドラインが分かりにくいと思ってましたが、この度ようやく改正されるらしいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101010-00000042-jij-pol

中には悪徳不動産業者も多く、実際私もアパートの退去時に、ほとんど劣化してないにも関わらず60万円程度の請求をされてことがあります。

しかも「お客さん逃げる人も沢山いますが、当社の場合、不思議とみんな捕まえるんですよ~」

っとドスを聞かせた低い声で。。。。。

勿論、便利屋源さんは、その時の音声も録音、映像も撮り、契約書をすべてチェックし内容証明を作り、支払いは3万円で済ませました。

この担当者が言ってましたが

「ほとんどお客さんは50万以上かかるのが当たり前、みんな払ってくれますがね!」

ですって。怖いですね。

ちなみに当社へお片付けをご依頼いただいたお客様は、こちらで知っている限りのことをお客様にお教えしますし、仲裁等は弁護士法に触れ非弁行為になりますので、それ以上の事は当社のお世話になっている司法書士さんや弁護士さんをご紹介しているので、ほぼ円満解決に至っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*