遺品整理人

遺品整理人

いきなりお尻姿の写真で失礼しました。

当社にはWEB事業部という私直轄の部署があるのですが、

先日深夜に本社に書類を取りに行くと。。。。。

WEB室から何やら呪文のような低い声が聞こえるではないですか!?

「遺品整理人とは遺品整理業者の故人の生活用品の片付け専門職で遺品整理人はプロで、遺留品は。。。。」

一瞬悪霊でも出たかと思いましたが、悪霊の正体は

当社のWEB事業部の社員。

先週は小樽市・千歳市・石狩市であった遺品整理の大型案件の手伝い件、遺品整理サイトの更新の再イメージ作りをしていた為、どうやら自分の中でスランプになったらしく、他の制作が進まず

「遺品整理人とは遺品整理業者の故人の生活用品の片付け専門職で遺品整理人はプロで、遺留品は。。。。」

っと呪文を唱えるような形で半分眠ってしまったようだ。

先週手伝った石狩市の遺品片付け現場は、孤独死現場で長時間時間が経過してしまった腐乱遺体の死臭が残っていたので余計精神的ショックが大きかったのだろう。

個人差はあるが、孤独死の現場に馴染むには経験と時間が必要である。

蚊や蠅が近くにいても悲鳴を上げ逃げ回る彼には、自ら望んで遺留品回収現場行ったにせよ

精神的衝撃が大きかったようだ。

この後、起こしてあげて私も制作を手伝いました。

そして2時間くらいで仕事が終わり、彼が言った言葉は

「社長次は一番レベルの高いゴミ屋敷に行かせてください!」

頼もしい社員もって幸せです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*