震災孤児の受入

震災直後に私が支援物資を送ると言う情報を聞いて、すぐに協力してくれた友人がいます。

名前は江別の山下さん。今まで何の縁も無かったかた。

一緒に支援物資を積み込む作業をしたのが初対面。

その後、北海道から支援を考える会等にも参加してくれ、友情は急速に芽生えてきました。

そして今日、山下さんの自宅に呼び出され打合せ。

そこで山下さんの決意を聞くと同時に、私の目を覚まさせる一言を言われた。

「湊さんに感化されて自分でも何か出来ないか決意し行動を起こした。短い間だが挫折しそうになり、何度も湊さんのことを恨んだ。湊さんはそれを忘れずにもっともっと活動して欲しい。誰かが動き出さなきゃ」

その山下さんが今facebookで下記の決意表明をされたので転載します。

この動きを応援する方、喜んで山下さんをご紹介させていただきます。

————————

私の19人の facebook 友達へのお願い….

この投稿をどうか皆さんの友達にシェアしてください、私の友達の友達の皆さん、其れ読んだら、どうかお願いですから皆さんの友達にもシェアしてください。そして皆さん私の facebook 友達に成ってください。お願いします。

 

既に数人の方へ話していた事ですが、18日の午後より独り震災孤児達への支援を決意し行動を開始しました。

 

阪神大震災では 親を失った県内の18歳未満の震災孤児は400人。

このうち68人が両親を亡くした孤児だったそうです。(北海道新聞 3/17記事 1995年3月の兵庫県の調査による)

 

東日本大震災での震災孤児の数は只今情報収集中ですが、平日の午後、親と離ればなれの状態で被災した子供達が圧倒的に多く、これは早朝に家で親と一緒に被災した阪神淡路大震災とは異なり その数は大きく上回ると想像してます。

この震災孤児の支援を発想したした時から私の頭の中には「瓦礫のなかで震えている姉と弟…」「亡くなった父親のわきで震えている男の子…」そんなイメージが浮かんではなれません…

 

具体的には「震災孤児を受け入れたいという、優しいく温かい家庭を100件探す」

このことを目標に活動します。

そのデーターを 行政に提供し 活かして頂く考えです。

孤児の支援内容については 他に広げていくことも視野に入れていますが、今現在は 受け入れ先にスポットをしぼり行動をとる予定です。

 

自分は教育者でもありませんし 専門的は知識もありません。

今迄にこれといったボランティア実績も無く寧ろ無関心な人間でした。

しかし行政に任せておくだけでなく行動したいと今思っています。

「孤児達の未来を支えたい…」「絶望では無く子どもの頃、私達も抱いていた夢を彼らもみれるように…」そう一緒に考えてくれる方

市民レベルの草の根支援の輪を支える意味で、皆様のお力をお貸しください。

 

4日前から始めた事です、仲間は今16人…

これから活動のようすを皆さんにも見て貰える様に、色々な方法で整備して行きます。

今すぐにでも、明日からでも、一週間後、一ヵ月後、一年後でも、皆さんが同じような気持ちになった時に私の仲間に成ってください。力を貸してください。おねがいします。

 

http://www.facebook.com/?ref=home#!/profile.php?id=100001964684339

震災孤児の受入” へのコメントが 21 点あります

  1. はじめまして。

    震災孤児の受け入れ先を探しておられると拝見し
    ご連絡させていただきました。

    兵庫からなのですが…。

    私の実家の両親が
    詳しいお話をお聞きしたいと。

    一軒家で父母の二人暮らし。

    部屋があいております。

    両親の年齢は50代です。

    私の連絡先
    upa.moru.yumefamily@ezweb.ne.jp

    コチラに情報をいただけると
    有り難いです。

    宜しくお願い致します
    m(μ_μ*)m

  2. レイコ様コメントありがとうございます。
    山下さんにコメントのコピーを送っておきますね。

  3. はじめまして
    震災孤児の受け入れボランティアに参加させていただければ良いな・・。と思い、書き込みさせていただいています。
    我が家は、50歳夫婦と75歳の母の3人暮らし
    1軒屋で、子供たちが自立したので、部屋は最大2部屋確保できます
    どのようなお手伝いをさせていただけるのかわからないですが、お役に立てれば幸いと思っています。

  4. はじめまして。
    震災孤児の受け入れのボランティアを探していらっしゃるとの事で、協力させて頂く事が出来ればと思い、連絡させて頂きました。
    こちらは40代夫婦と大型犬で、東京に暮らしております。 
    何か出来る事がありましたら、是非にと思います。 

  5. はじめまして。
    孤児受け入れを考え調べていました。
    通常里親になるには半年から一年研修のようなものを受けなければならず、更には二人以上の教育に協力出来る大人が必要みたいです。
    うちは母子家庭で小さい子どもが二人います。同じ位の子なら衣服等一緒に使えるので、受け入れたいと思っていたのですが、こんな環境ではダメなのかなぁ、と諦めかけていた所です。
    虐待児童とかとは違うから受け入れ可能なのでしょうか?
    私に出来る事があれば教えて下さいm(__)m

  6. はじめまして。震災孤児の受け入れについて協力させていただきたいと思い、宮城県里親会等にもかけあってみましたが、他県(岡山在住)への受け入れは難しいと言われましたが、母の里が宮城県で今回の震災でなんとか協力させていただけたらと思います。
    岡山市在住で30代後半の夫婦です。(子どもはいません)
    二階の部屋は空いていますので、何人かは受け入れられます。
    住み慣れた地域から離れて、見も知らぬ土地と人々に受け入れられる子どもの気持ちを考えると宮城県里親会の言われることも分かりますが、こちらにも暖かい地域のつながりや優しい人達の輪があります。その中で心が癒えて、震災という苦難を超えて成長してほしい。その手助けができたらと思います。よいご縁がありますように願います。

  7. すみません。湊さんコメント欄お借りします。

    この記事に書込みしてくださった皆さんへ

    ひだまりタマゴ、こと岸本と申します。
    私も里親を考えているひとりです。
    湊さんの記事を読み、Facebookに登録して
    直接発案者の山下さんと連絡を取り
    メンバーに加えていただくことにしました。

    現在山下さんのもとには日本、世界から
    たくさんの問い合わせが殺到しているようで
    ひとりひとりへの連絡が遅れているそうです。
    ここに記載いただいているハンドルネームと
    実際のお名前も一致していない状態です。

    「せっかく名乗りをあげていただいたのだから
    早く連絡を取りたいけど時間がかかっています。」
    ということでしたので
    代わって、まずは現状だけでもお伝えさせていただきました。
    専門家の方々もご協力くださり
    現在、皆さんに見てもらえる形で発信するため準備の真っ最中ということです。

    私は比較的時間がありますので
    なにかご不明な点がありましたらお気軽にご連絡ください。
    maiko_pisces@yahoo.co.jp
    「直接お電話で説明させていただくことも歓迎」ということでしたので
    もし山下さんに連絡を希望される方がいらっしゃいましたら
    私のメールにご連絡いただきましたらお電話番号をお伝えさせていただきます。

    以上長文失礼いたしました。

  8. 私達、夫婦は、福井県在住です。夫の私は34才、妻は33才で、妻は看護師で病院勤務。 私は軽い持病持ちなので、家事担当兼ねて、自宅療養しています。 子供ナシで、パピヨンの犬を一匹飼っています。 愛情、責任を持って確りと育て上げるので、二人程、僕らの子供として、見させてはもらえないでしょうか? ご連絡お待ちしております。
    築40年+築30年の持家2件有り。
    080ー3748ー8376
    上田 剛
    真由実
    何卒、宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

  9. こんにちは。
    神奈川在住です。震災孤児の受け入れについて出来れば参加させていただきたくカキコミました。
    私の実家が受け入れたいと話しています。
    私も保育士の資格もありますのでできる限り協力したいと思っています。
    詳しく聞きたいのでできればメールでの連絡待ってます。

  10. こんにちは。震災孤児の受け入れについていろいろ調べていてこのサイトにたどり着きました。私はアメリカ在住なのですが、海外からの受け入れは難しいでしょうか?私と夫、そして4歳の娘の3人家族です。娘は日本語学校に通っていますし、日本のコミュニティにも近いです。もしも可能であればご連絡ください。宜しくお願いいたします。

  11. 先ほどニュースで震災孤児の存在を知りました。
    その瞬間、ぜひ我が家に来てほしい!協力出来れば!と
    思いました。
    栃木県小山市在住、私と夫と3才の息子の3人暮らしです。

  12. はじめまして
    震災孤児の受け入れ先を探されていると言うことでご連絡させていただきました。
    小学生の女の子が二人いる四人家族です。
    真剣に里親を考えていて児童相談所に登録しょうと思っていました。
    保育士を十年以上経験し
    現在は、福祉の相談員をしています。
    ご縁がありましたら、連絡してください。

  13. 震災孤児の話を知り、色々調べてここにたどり着きました。児童相談所のHPを見ると里親になるにはいくつか条件があるようですが、両親を亡くし不安に過ごしている子供たちの力になれればと思っています。

    東京都在住、9歳の息子がいる3人家族です。
    ご協力できることがあれば是非ご連絡ください。

  14. ロンドン在住です。
    震災後の孤児たちのために、英国政府の法律に基ずいて基金を作りましたので、孤児たちの名簿が必要です。
    自己紹介は、www.akemisolloway.comです。

    日本へは、4月18日にこちらを発ちます。英国人たちと埼玉に滞在しながら、孤児たちにおもちゃを届けたいのです。
    将来、英国から子供達に基金を送れます。

  15. こんにちは!
    震災孤児を救いたい。本当の両親ではないけれど、なれないけれど悲しみを軽くしてあげたい。これが、私の気持ちです。私は、福島の会津若松市に住んでます。南相馬のお子さんなら、福島だしあまり離れていないので受け入れてあげたいです。ご連絡ぐたさい

  16. ドイツ在住で幼稚園の先生をしています。私は36歳 主人は41歳の二人暮らしです。 震災孤児を短間でも長期間でも受け入れたいです。 連絡お願いいたします。         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*