黒なまこ

東南アジア・中東・セネガル(アフリカ)等の海外に中古家具や家財道具を輸出当社では当然、私の海外出張も多いです。

そんな中、必然と出会う確立が高いのは、私が最も苦手とする民族 中国人だ。

支那の人は世界中の人が感じているのと同じく私も、物凄く苦手です。

良い人もたまにいるが、そうじゃない人が大半の民族だからです。

そんな中国人が苦手な私でも旅の先々で会う支那(china)のビジネスマンの多くが、北海道拠点の私を見ると「sea cucumber(海のきゅうり)」 を欲しがる。

「sea cucumber(海のきゅうり)」 とは、漢字では「海鼠」と書き ナマコの事です。

北海道の輸出業

北海道の海鼠(ナマコ)は、全国の漁家料の4分の1を閉め、更に冬は寒く、夏は暖かい寒暖差と強い波に影響され、突起が多く味も各別らしい。

多くの道民は、知らないだろうけど ナマコの争奪戦は 裏社会の人間の密猟・密売から猟師さんのナマコ御殿まで、一躍影で北海道経済を支えている一つです。

でも、酢で食べるナマコしか食したことがなく、本当のナマコの魅力を知らない私も昨夜ナマコと出会ってしました。

札幌市白石区にある本郷通商店街居酒屋心さん!

白石区リサイクルショップ

店のカウンターの水槽の中に道産(苫小牧市)のホッキと一緒に生簀姿の元気に飾ってあったので、支那の人の顔を思い出しながら、刺身でオーダー!!

自称北海道グルメの私は、今までナマコを軽視していたのを恥じました。

プリプリ&独特の歯ごたえ、そして 噛んだ後の海の香り。

今までナマコは不要品だと思ってた34歳の私へナマコの美味さを教えてくれました。

そんな、居酒屋新さんは、私の中で白石区の名店飲食店 認定です!

本郷通り商店街にはまっている今日この頃でした。

居酒屋新(しん)さん

居酒屋、魚介料理・海鮮料理

 

 TEL 011-867-6071

 

 住所  北海道札幌市白石区本郷通8丁目北7-8 チサンマンション 1F

 

 交通手段  南郷7丁目駅から395m

後書:

中国では乾燥のナマコを特に欲しがり、北海キンコと呼ばれ漢方でも人気のようです。

お肌の健康維持や間接のクッションの役割、ガン抑制、動脈硬化などの効能があるそうです。

当社では北海道内3箇所より海鼠の仕入れも可能ですので、輸出することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*