スモーキーマウンテン について

皆さんはフィリピンでのスモーキーマウンテンを知っていますか?

http://www.youtube.com/user/office4production#p/a/f/0/-Yg70WXeztQ

http://www.youtube.com/watch?v=DGZB2xXkXSs

当社は日本では商品にならない不用品(家具や家財道具)をアジア各国と中東に輸出している関係で、昨年から縁がありスモーキーマウンテンを訪れてから、既に4回スモーキーマウンテンを訪れています。

そして全国の熱い同業者数社共同でここの地域に住む子供達を支援しています。

上のリンクから動画を見ていただけたら分かるのですが、ゴミの山であるこのにスラム住むフィリピン人達の僕ら日本人からかけ離れた生活。

沢山の子供達がゴミ山に住み、そのゴミを拾いプラや鉄・非鉄等の資源を再生資源業者へ販売することで生計を立て、貧困が原因でご飯も三日に一回程度、病院にはかかれない、そして30%以上の子供達が、5歳の誕生日を迎えることが出来ない現実。

人には価値観や幸福感の差がありますが、ここの子供達は生きることすら困難な環境なんです。

何か出来ることはないだろうかと考える人は少なからずいると思いますが、当社は確実にこの子達の命を守れる立場にあります。

昨年もフィリピンで2番目に権力があると言われているマニラのリム市長と同士である同業者さんと市長室で対談し、フィリピンへの輸出売上の1%はスモーキーマウンテンの子供達の薬代として使ってもらうことを双方合意し、平成21年12月からこのプロジェクトは開始しています。

映画バズーラの四ノ宮監督ともマニラでお話させていただき、ゴミ問題に大きく関わる当社として出来る限りの縁援助を 当社なりのアイディアと慈悲で実践していくと誓いました。

 僕は今の日本を見てもわかるように豊かな事が幸福だとは思いません。当社もよく間のあたりにしますがゴミ屋敷に住む子供だったり、精神的に自分は弱い人間だと決めつけ、欝を自分の逃げる理由にし不幸のスパイラルに入って何か問題を抱え便利屋に駆け込んでくる現代社会の被害者を見ていると、このスモーキーマウンテンの子供達の目の輝きの方がよっぽど今日を生きることへの幸せを感じぜずにはいれません。

でも、生きることが出来なければ 幸福すら感じることができないんです。 この子達に生きてもらう事が大事なんだと考えます!!

僕達は、幸せな会社だと思います。

一生懸命頑張って仕事すれば 沢山の人の命を救うことが出来るんですもん!!!!

先日、四ノ宮監督に相談し、スモーキーマウンテンへ 皆さん稼いだ売上を使い、お米を50kほど仲間と一緒にプレゼントしに行ったのですが、歓喜の声を聞くことができました。 

将来、スタッフの皆さんや、何か役に立ちたいと思う企業の方と一緒にもっと沢山のお米を届けに行きたいっと本気で思っています。

http://www.youtube.com/watch?v=omUu8xq9Gps&feature=related

四ノ宮監督のご好意で会社の名前を書いてっと言ってくれたので、スモーキーマウンテンに出来た援助施設には株式会社ルーツオブジャパンの名前が僕の汚い字で書かれています。

あんまりブログでこういう事を書くのは似非ボランティアや似非企業PRみたいで気が引けていたのですが、自社の社員にもっと自分達が働いている事を誇りに思ってほしく書かせていただきました。

ついでに求人のPRですが、生きがいを求めている優秀な人材を当社は求めています!

ベンチャーで挑戦し続ける会社に安定もないし、楽して儲けるなんて 言葉はないけれど それでも一緒に何かに挑戦したいという 仲間を募集しています。

追伸:写真は最後の一枚を除き全部源さん撮影です。スモーキーマウンテンの写真も2000枚を超えたので、何か出来たらよいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*